飛燕修復の記録 況寝 試作17号機の新たなる発見 機体編

販売価格
2,130円(税込2,343円)
購入数

飛燕修復の記録


況寝 試作17号機の新たなる発見 機体編




こだわりぬいて復元したカワサキの熱き情熱を見届けよ!



戦後様々な手が加えられ、はたまた機材などが失われたままであった、
川崎航空機製造の三式戦「飛燕」況寝17号機(2018年3月24日から
かがみがはら航空宇宙科学博物館で展示)を、当時の姿に修復・復元
することを目的とした作業が、川崎重工の技術者を中心とした有志に
よって2015〜2016年に行われた。その修復過程で飛燕儀拭↓況寝、
五式戦の特徴を並べて比較することで得られた、当時の事情、変化の理由、
仕様の根拠や、具体的な修復工程、加えて復元機材の詳細、さらに今まで
に知られていない、このまま埋もらせてしまうにはもったいない情報や知
見等について、公表するものである。図面、材料、検査、電気、構造、ソ
フト、プロジェクト、フライトエンジニア、空力等の様々な職種の担当者
が面白いと思ったことを、徹底的に掘り下げたマニアックな情報を満載に
した、「乗り物好きの集まり」カワサキのこだわりぬいた本でもある。
2分冊の「機体編」として発動機ハ140やラジエターなどを除く、機体主
翼外観や内部(コクピット)などを収録。

第1章

本誌の目的、修復機体のギャラリー、折り込み図面

第2章

17号機来歴、プロジェクトの概要、知覧からの搬出、
塗装・パテ剥離、3D計測、外形状の策定

第3章

修復・復元作業、作業概要、発動機覆上下部、翼胴フェアリング、
計器盤、配電盤、風防、無線機・空中線、ピトー管、灯火類、
紫外線灯パネル、エルロンヒンジカバー、スピナ・ロック機構、
防弾板取り付け機構、頭当て、アルミ材料、ねじ・ボルト・クイックファスナ、
試作17号機の塗装、ラッピングフィルム、舵面等の塗装

第4章

神戸記念展示、かがみがはら博物館搬入

第5章

あらたな発見、切断主翼の接合部、コクピット周辺、操縦桿と機銃発射装置、
照準器取り付け金具、操縦系統、胴体・主翼機関砲周辺、無線機・発電機等、
配線等、当時の塗装色について、儀燭竜‘眇А↓況寝試作17号機の機内色、
計器盤の変遷、ベンチュリ―管の目的、味方識別帯の範囲、
風防のオリジナル塗装、配電盤の内部

第6章

実機取材 イギリス五式戦取材、オーストラリア三式戦取材  など

●3D計測データをもとに正確に作成された5面図付き



3月16日発売(3月13日搬入)
2300円(税込み)、本体2130円
    送料無料 モデルアートTwitter 艦船模型スペシャルTwitter 直営店のご案内